日本の製薬メーカーに世界が注目。今知りたい治療の最前線。関心の集まっている薬を3つ紹介。
09
March

By Adem Lewis / in , , /


Good morning everyone. This is Kaoru Kamikawa. In this article, I would like to summarize recent trends in therapeutics. There are two approaches to disease. One of them is a vaccine. Prevent by this vaccine, Or you can expect the effect of preventing it from becoming severe. And these are the medicines that we will introduce after treatment of the disease. And some of the medicines introduced this time are made by Japanese manufacturers, This drug is expected worldwide. So this news is here Drugs made by Japanese pharmaceutical manufacturers are also promising for this treatment. And from the unexpected, this could be used for treatment, Is coming in. Listen to the news about the current situation regarding remedies. Avigan has good clinical efficacy in China Currently, the development of therapeutics around the world is urgently underway. At the moment, the most anticipated A new drug in the US, Remdecivir, and a Japanese drug, Avigan. In China, the anti-influenza drug Avigan is also showing a therapeutic effect. This is a new drug developed by a Japanese company, It was saved by the Japanese government as an anti-flu drug for about 2 million people. The Chinese media The Kamian Shimbun reports on clinical trials of Avigan. On February 15, the director of the Biological Center of the Ministry of Science and Technology of China said he was conducting clinical trials with three new drugs. Chloroquine phosphate, an antimalarial drug, a new drug that has not yet completed clinical trials And the anti-influenza drug Avigan. The drug is said to have a remarkable effect on the start of administration and no noticeable side effects. A certain effect was observed from the 3rd to 4th day of administration. In addition, China Science and Technology Daily reports that Avigan has no side effects and that patients are well recovered. It has a fever-reducing effect, especially for patients with fever, and within 72 days of taking the drug, about 72% They reported a 38% improvement in lung images within 3 days and a 70% improvement on day 6. At the clinical stage, a new Japanese drug was administered, and a good result report would be good news. I want to be recognized in the world and save many people’s lives. Another drug was mentioned as a promising drug. That is Remdeshibiru. Let’s look at the news about Lemdesibir. Promising drug “remedisivir” to enter large-scale clinical trial The National Institutes of Health (NIH) is launching a global trial of Lemdecivir, a potential drug candidate for treatment. The drug was developed by Gilead Sciences of the United States to treat Ebola. Studies have shown that it can be effective, and it has been administered to patients in China and other countries on a trial basis. If safety and efficacy can be confirmed again in clinical trials, there is high hope for early approval as the first treatment drug. The trial is led by the National Institute of Allergy and Infectious Diseases (NIAID), a division of NIH. Cooperate with the University of Nebraska, USA. Placebo and remdecivir are administered to patients in 50 countries around the world, and the effect of treatment is verified. The number of participants in the trial is expected to be around 400, and recruitment has already begun. Remdecivir has been administered experimentally to patients in China and Japan. In China, local research institutions and Gilead are conducting clinical trials of the drug. On Wednesday, a WHO representative visited the Chinese site, Attention has been heightened by saying, “The only drug that seems to be really curative at the moment.” Until now, such abigans and lemdesibir have been attracting attention, There is also news that “more different drugs may work”. Cases improved with asthma drugs, potential for effective treatment Teams such as Kanagawa Prefectural Ashigaragami Hospital, A report was published that reported improvement in symptoms after using asthma inhalers in three patients. It could be used for treatment, and we will collect and examine the use cases of other medical institutions in the future. All three are passengers on a large cruise ship. The woman in her 70s was hospitalized on February 11 after the infection was confirmed. From the fourth day of hospitalization, anti-AIDS (HIV) drugs, which had been used in China and other places, were used, almost lying asleep because of overall body sickness. He stopped using anti-HIV drugs on the 9th day because his pneumonia did not improve and he had side effects such as diarrhea and anorexia. From the 10th day, I started using inhaled steroid drug “Sixolenide” for asthma, The fever goes down from the 11th, and you can walk in the room on the 12th. Lung inflammation improved, and tests on hospital days 15 and 16 were negative, and he was discharged on day 18. Men in their 70s and women in their 60s are hospitalized on February 16. Use only thixolenide from day 5 of hospitalization. Both had received oxygen, but they were no longer needed and had all their meals recovered. The two had a positive test on February 27, the 12th day of hospitalization, and the report states that treatment was continued. The report evaluated that sixolenide is expected to be effective in preventing the development of severe pneumonia. He says there are no harmful side effects. We will collaborate with Aichi Medical University in the future to see if it will be an effective treatment. Mr. Iwabuchi of Ashigara Kami Hospital interviewed the Asahi Shimbun, “Patients with pneumonia may be the first choice for shorter symptoms. But if you have a mild illness like a cold, you may be resistant and you should avoid easy dosing. ” A report from the Society of Infectious Diseases has been published for this case. Enter the WEB address in the video description field. Avigan and Remdecivir, which were expected from the beginning as therapeutic drugs. These two drugs were noticed from the beginning. And it is actually being used in China, and the effect is getting more effective as expected, That’s one good news. After all, China has the most patients, and by using this medicine a lot, We have been able to accumulate data on safety and efficacy, dosages, etc. This will enable other countries to promote effective use of Avigan. Therefore, Fuji Film, which has Toyama Chemical under its umbrella, has been at a record high since listing. This has reduced global simultaneous stock prices. There is a retrograde height in this. So much attention has been paid to this Avigan, which has the potential to spread its use worldwide. However, there is one caveat with this medicine. There are no side effects in China, It’s just that using this medicine doesn’t do anything immediate. It should be noted that if this drug is used on women, it can cause malformations when pregnant. I have a big problem. This is the same for men, and if administered to men, be sure to contracept them for about a week, That is the medicine that is written as a precautionary statement. But you don’t have to worry about that when you’re on the verge of losing your life. Another characteristic of this disease is that the older the elderly, the higher the severity of the disease. When considering this issue, compared to young people, For older people, there is a high probability that you do not need to think too much about contraception. For example, for patients in their 70s and 80s, Be careful about contraception, it won’t be a big obstacle. Avigan has already been approved for use in Japan as an investigational drug. It is expected to be effective in saving severely ill patients. Remdecivir, on the other hand, is a drug WHO is promising. This drug was created by an American pharmaceutical company to combat Ebola, This issue is expected to be highly effective. Abigan and Remdesibir, which one is more effective, And whether there are few side effects for this disease, Because you can clearly see the superiority from now on. In an emergency that may cause loss of life, Whether you can only rely on one drug or two options, only one should work, That’s very encouraging for both the patient and the caregiver. What was surprising was the third drug, Sixolenide. Until now, drugs that can be expected to have an effect on RNA type, such as anti-HIV drugs, could be diverted this time, From that point, various drugs have been tried. If there are drugs that work with a different approach, This is also great news. In addition, because it is a treatment for asthma, it is more abundant than avigan and lemdecir This is also a good thing because side effects are much smaller. Teijin and others who manufacture this “Sixolenide” also received this news, Perhaps the stock price was rising because it might be part of a remedy. These three drugs were introduced this time, There may be other medicines that may still work. So, what is important now is to earn time. Which drugs should be combined, what is a better treatment, It takes a lot of time to find out. Making a new drug completely from scratch can be very time consuming, which can be very long, on a yearly basis. However, if you divert from existing medicines and find something that works for you, There is nothing better than that. To do so, lower the peak of infection as much as possible, In the meantime, you have to find various remedies, and this will save many people, It will be very important to establish what is called current drug treatment. And in such a severe situation, It is proud that drugs developed by Japanese companies may be used for treatment. I hope these medicines will actually work and save many lives. What are your thoughts on this news? By all means, please write a comment. Thank you for watching the video to the end. If you haven’t subscribed to the channel, please subscribe to this channel and we’ll be glad if you come back again. See you again in the next video. See you again


100 thoughts on “日本の製薬メーカーに世界が注目。今知りたい治療の最前線。関心の集まっている薬を3つ紹介。

  1. アビガンはRNAポリメラーゼ阻害薬ということでウイルスの転写そのものを防ぐ為、耐性株が出来にくいという情報もあった。
    喘息薬が有効ならそれが一番安全なような気もするなぁ。
    何れにしても日本発の薬が世界に貢献できるなら嬉しい限りだ。

  2. こういう時に日頃コツコツと努力していた事が活きてきますね!
    継続は力なりです!

  3. ”アビガン”の治療(試験的?)はニュースにはなっているけどね・・・全く、その後の発表がない!;;。
    ”効果が出ている?、出ていない??”・・・数は少なくても・・効果の程度は知りたいよ!。。。安心できるか?!・・ここ大事。
    そういえば・・・”発生数(発病数)・死者数”は・・これでもか?!ってくらいニュースで報道されるのに、快復者数は全く出てこない;;;。
    評論家によれば・・・インフルエンザの方が怖い!・・とか言うのに。。。
    肺炎患者数○人!!、死者数○人!!・・・って、朝から晩まで・・”魔の病気”の様な報道の仕方。
    ・・・いったい、どっちが本当???・・・

  4. 喘息に使うステロイド系はウイルス性の肺炎には効かないと思うんだけど?
    それより人工呼吸器を大量に揃えた方が重篤の方の命が救えると思う。
    肺胞が詰まってガス交換が出来なくなれば苦しいとかいう次元じゃなく、眠らすしかなくなる。

  5. 富士フィルム…だけじゃない帝人(///ω///)♪昔見たテレビCMを思い出してしまった。

  6. 新薬はアメリカというイメージがあったんですが、日本も負けてないんですね❗

  7. 私的には、K酷、エチオピア以外の国の人々を助けて欲しいです。C国は必要ないと思っていたが既に入って居るなら仕方がないですな。残念〜。

  8. この新型肺炎の影に隠れて…インフルエンザが昨季比400万人減…また感染性胃腸炎も減…とか…(゜゜)

    インフルエンザは暖冬も幸いしたとか…(・o・)

    新型肺炎の感染防止で手洗い…うがい…徹底した事による効果の様で、医療現場関係者からも驚きだとか…(゜o゜)

    マスゴミは全く報じないですし…国会でも、今の公立学校一斉休校要請で、ヤレ叩く、ソレ失敗だ…とアベガー➰議員達が空騒ぎするだけ…(`´)

    本業が医師の紅い政党の小池と言う議員が、公立学校一斉休校要請に対して、『科学的根拠に基いて…ガオ〜』と噛み付くだけ噛み付いて…実態は、小池とやらが安倍首相の会見内容を把握していなかった…だけな事が判り…逆ギレしてど恥かいてましたね…💢

    中身無い空騒ぎでは無く…科学的根拠と言うなら本業活かした、中国での治療内容を基に、この動画の様な今後の封じ込め対策を論じて欲しかったですね…💢

    空騒ぎするならば、自ら範を示して、科学的根拠に基づく議論で、ドヤ顔すれば良いのに…紅い政党は日本の恥だね…💢

  9. k国は、今は大変な時期のようですね。確か日本製品の非買運動は現在進行形でしたっけ?とりけし?それはないよね。自分の好都合主義は世界が認めませんよ。しかし、これを機に、k国と我が国との色々な問題解決の材料として検討してみては。一言言っておきますが、副作用が出た場合は、日本のせいだ、補償しろと言われる覚悟が必要になる。今までの歴史から見て。気を付けよう。かかわらない方がいいかな?

  10. あるニュースでは、中国は富士フイルムのアビガンを使わず、中日友好医院なる日中合弁の医薬品会社が中国で独自にアビガンを作って、それを現地で投与しているらしいですね。この中日友好医院は二階の肝いりで作られた日中合弁会社なので、今回の中国のアビガン製造に何か裏を感じます。必要であれば対韓国のように普通に輸出すればよかったのではと思います。そのあたり何か情報ありますか?

  11. 副作用もなく治療効果があったと言う事はとても良いことですね。
    隣の国が製造メーカーに入手できないかと連絡したとニュースで聞きました。効果があると知ったからなんでしょう。

  12. そうかな?既得権益者のせいで流通が止められている、出すと言って実は出さない薬があまりにも多い。例えばアビガン

  13. 政界も財界も教育界も、全てがサラリーマン化している、リスクを取つてでも日本を
    牽引してゆく人が現れない、何が問題なんだろうか? 早くこの状況から脱しないと
    日本は衰退してしまう。

  14. 良い年の方だが、根路銘国昭氏にもアドバイスやら開発やら協力してもらおうΣb( `・ω・´)グッ

  15. アビガンにしろシクソレニドも早く現場で使えよ!中国スイスから送られたPCR機器も日本製が無いなら代わりに早く使って早く判定しろよ!患者だと分からなくて移してるのも多いようです。

  16. 日本が武漢肺炎を拡散したというのだから中国人の話はあてにならない。アビガンの件も中国人の話しだから別途検証が必要。

  17. こういう非常事態の時には特別使用許可を当局の責任において認可し、もし問題があればすぐに使用を差し止めるような柔軟な姿勢が大切です。決断が遅く責任を取りたがらない政治家や官僚こそが実は日本にとっての大問題なのです。安易な投与はだめだという意見もわからなくはありませんが、まずやってみることです。残念ながらそれができないのが日本という国ですね。

  18. 臨床結果もぼつぼつとは出てきているようですがまだメディアは慎重な報道しかしていません。。そのなかでよく伝えてくれました。日本の対応が内外から批判されてるなか、貴重な朗報です。

  19. 誇らしく思います😊日本人は頭がいいのでこういう時に役立つと思います。お互い得意な分野を生かして世の中良くなっていけばいいのに、、、。

  20. 対処薬が出ても、ワクチンの存在は報じない、陰謀論で片付けられるが。ウイルス拡散はワクチンがあってできること。現時点でワクチンを出せばウイルスを撒いたと者となる、それを公表しようとする者の命はない。首謀者は決して判明できない組織内にある。数百万の死亡者が出ても意に介さない、世界統制のためには。陰謀論も巨悪を防ぐ手段となる、巨悪は民衆に想像不可故。

  21. ちっとも返信くれないな~さみしいな!何回も、何回もコメントしているのに。(´ー`)

  22. こんな時でも領海侵犯を繰り返し日本に567拡散の責任を擦り付けようとしているC国や、散々放射能ガー検査ガークルーズ国ガーと日本をディスっていたK国は、もちろん後回しで💢

  23. アビガンはすでに中国に行ってるんですね。特許はとってあるんですよね、特許パクられるようなことはないかと心配になります。
    それにしても日本の開発力は凄いですね。

  24. 神河が征く / わかるニュース解説 KKNewsNetwork

    🇺🇸 🇹🇼 🇷🇺 🇯🇵 🇭🇰 🇬🇧 🇮🇩 🇪🇸 🇹🇭 🇮🇳 🇧🇷 🇻🇳 🇩🇪 🇫🇷 🇵🇹 🇨🇳 🇰🇷

    日本語字幕を作成しました。
    承認をお願いいたします。

    ニュース①
    【20200227 『Edge』で、ユーチューブの翻訳ができるようになりました】

    こちらiPhone8ですが、Edgeでバージョンアップがあり、ユーチューブのタイトル、説明文、コメント、さらには、自動生成の字幕、またその動画の言語の字幕まで、翻訳できるようになりました。

    どうも、翻訳を立ち上げるのは、URLの右横にある「リロード」アイコンですね。↩️これに似た印をクリックして、リロードしたあと、ちょっと10秒ぐらい待っていると、「翻訳しますか」と、ほぼ90%で聞いてきます。OKすると、翻訳が動き出し、自動生成字幕すらも自国語に翻訳してくれます。動き出さない場合は、何回かリロードするといいみたいです。

    英語、韓国語、ロシア語、台湾語、ドイツ語で、動くことを確認しました。

    これは、画期的ですね。
    基本的にユーザーは、「自国語に翻訳できればいい」のであって、自国語を自動的に判別して翻訳を始めるのであれば、もはや、何カ国語もの字幕を用意してあげる必要は、なくなりました。タイトルと説明文と何カ国語もわざわざ用意しなくても良くなりました。ただ、自動生成字幕も翻訳するのものの、まだ文字起こしが未熟ですので、翻訳も未熟なものになってしまいます。ここが、最後のネックてますね。

    なので、人間の作業が必要なのは、
    1)自国の字幕をきちんとつける。
    2)そして、自動生成字幕を削除する。

    これだけで、字幕も、タイトルと説明文も、コメントも、Edgeの普通のモバイルモードで見ることで、翻訳が可能となりました。

    Googleさん、ネチネチ不適切動画している暇があったら、「字幕をつけてる動画には、広告をつける」というルールに変更してくれ〜

    いやー革命的です。
    しばらくEdgeファンになりそうです。

    ニュース②
    【自動的に字幕がONになる方法】

    動画アップロードするとき、タグ欄に

    yt:cc=on

    と追記しておくと、なんと、動画を見るとき、自動的に字幕がonになります。

    https://www.3playmedia.com/2020/01/13/force-closed-captions-appear-youtube-videos/

    これはすごい‼︎
    また、これは、「自動生成の字幕」には機能しないことがわかりました。きちんとした字幕だけに反応するなんて、さらにすごいですね。是非一度お試しください。

    ニュース③
    [YouTubeアプリの字幕を見やすく】

    YouTubeアプリの字幕って、「背景が白いと見えねえなぁ」と、嘆いている方に朗報です。なんと、簡単に、フォントも、字幕の色も、サイズも、背景の色も、透明度も、あらゆる設定ができます。

    ホーム画面から、
    「設定」「アクセシビリティ」「標準字幕とバリアフリー字幕」で、「スタイル」で、あらゆる設定が可能です。

    これで、背景が何色であっも、字幕がよく見えます。存分に背景変更お願いします。透明度50%がお勧めです。

    🇺🇸 🇹🇼 🇷🇺 🇯🇵 🇭🇰 🇬🇧 🇮🇩 🇪🇸 🇹🇭 🇮🇳 🇧🇷 🇻🇳 🇩🇪 🇫🇷 🇵🇹 🇨🇳 🇰🇷

  25. しかし、よく200万人分も保存していたものだな。賞味期限切れないうちに使える機会があってよかったなあ🤭

    さすが、日本人。

  26. 隣国なんかに上げてはなりません。
    感謝しないどころか、難癖つけるのが目に浮かびます。

  27. 200万人と言わず世界に世界に供給できる体制を至急つくることですね。勿論検査が早く簡単に出来る方法もぜひ必要だね。3月期間中にも解決してほしいね。医療関係者に感謝。

  28. ステロイドは諸刃の剣。MAX使用後体内に蓄積した薬成分が抜けるまで要観察で、体内に蓄積した薬成分が有る間に追加投与した場合、へたするとショック症状(死)これからの用量・投与期間など臨床治験が確立するまで成果が有ったと喜べない薬だと思います。

  29. シナ狂「世界は大中華の偉大さを実感したアルか?日米欧などの先進国、人権第一主義の腑抜けな国では、臨床試験など長時間要し、新薬の投与を即座にできないアルが、人間を家畜同然人権のかけらの無い我々は、アビガンを何んためらいもなく投与し、いくらでも人体実験ができるアル。世界中の製薬会社はそのことを肝に銘じ、速やかに市場投入したいならば、実験材料のモルモットがたくさん生息している我が大中華に開発拠点を移すアル!」

  30. 3種類とも、日本人研究者が製造。後AZTも(特許を米企業に奪われた)エイズ剤は、貧困国に安価で使える様にライセンスで。

  31. シクレソニドの件を知った時(これは薬か?医師の着眼か?)と思いました、シクレソニド特有の効果ではなく同系列の薬ならそれぞれ期待できる!なら早期鎮静化に大きな希望が生まれそうですが。
    特有だったら帝人大儲けwww

  32. アビガンは新型インフルエンザ用の治療薬として政府が認め2017年に厚生労働省が備蓄を決定し、200万錠の備蓄をしていたもの。現政権の先見性を認めるべきものですね。新聞やテレビなどはその存在すら報道せず、今回のコロナウイルス感染を政治に結び付けて安倍政権を卑しめることに汲々としている。彼らには恥を知れと言いたいね。今回の新型コロナウイルスは初期の感染力は強いものの致死率は低く、日本の防疫や医療のベルを考えれば死に至る人は少ないはずです。そして今回の動画で紹介されている各種対処法が有効であることがはっきりすれば、日本の対象方法が正しいものだったと認識されるでしょう。

  33. 化の国さん、ふっ素化は出来ましたか?次は、コロナウイルスのアビガンですね。次から次に問題が起きてますな。世界中がアビガン薬に目を向けてる?ありがたいね。でもね、日本を敵視してる国には売る時は高いですよ。国家予算一年分出すなら売ります。ひと粒!日本とは、昔から友好な国には只同然にあげちゃうね。其が信条と言うものですよ。アメリカさんは、天才多いから日本から貰わなくても、作れる。昔から日本におんぶにダッコの国は無理でしょうか。

  34. 中共はブカン肺炎が、そもそも中国発祥じゃないと言う情報戦を始めたようです。数十年後の世界の常識が、「肺炎は日本発祥、薬は中国が開発」なんて事にならないことを祈ります。

  35. とりあえず外出外食仕事以外誰にも合わないようにする。ちなみに今日近くの外食チェーンからコロナ感染者出た‼️マジ焦るわ。

  36. みんな、マスクがゆうけどマスクしても防げないからね。二枚しても、防げない。気持ちの問題でするのはいいけど、意味ない

  37. シクレソニドはぜんそく薬としてはメジャーですよね。気管支拡張剤ですので、恐らく酸素を取り込めるようになり回復。副次的にコロナウイルスに勝ったのでしょうね。朗報!

  38. whoの話は、信用できない。何故ならWHOは、中国が一番の、出資国だからさ****

  39. 何故 発症地である中国に 新薬を提供する必要があるのか?
    日頃 意地悪をされていながら 日本人の治験もそこそこに中国に持って行くのか?
    中国の事だし それを上回るウイルスの開発を行うことが考えられる。
    本当に日本人って お人好しだと思う。
    それが 日本を破滅につながらなければ良いけど。
    絶対に 韓国には クスリを販売しない様に あの国の事だし 副作用が出たとか
    イチャモンを付けてくるだろうし ロクな事がない。

  40. 治療手段が増えると安心感につながりますね。インフルとの違いは、ワクチン無しと治療薬なしの状態でしたから。

  41. 米製薬会社は他を蹴落とし、自らの利益しか考えていないし。
    WHOが有効と言うだけで信用成らない!

  42. WHOがアメリカの薬を唯一としてるのは、何があるのだろう。ここでも日本を除外して、独占で金儲けしたい、政治的な力が働いているのか。

  43. でかしたぞ、富士フィルム。
    ただし、韓国には売らないように、必ず3年後に訴訟されるよ。あそこは、いかにしていちゃもんをつけて金をむしり取ろうかと虎視眈々としている。

  44. アビガン・レムデシビルは新コロに作用のある薬だといえよう。
    シクレソニドについては新コロの主な症状である肺炎などの症状の抑制効果(抗炎症作用)が高いと言える。
    新コロの死因の多くは肺炎と思われる、それを抑制するのだから延命効果・治療補助効果が高くなるのは確かなことと言えると思う。

  45. 製薬と航空機はアメリカの聖域で邪魔者は潰すと聞いた事がある。
    満屋裕明先生と大村智先生がやりあってくれたおかげて昔ほどひどくはないようだが。
    抗ウイルス薬と喘息薬のパテントを持つ、コンタックとシュミテクトでお馴染みのグラクソスミスクラインがどうでるか気になる。

  46. 日本人は、馬鹿、なのか、賢いのか、😵🌀マスク寄付して、感謝されて、薬も提供した。なのに、尖閣諸島に悪さを、しにきとるで、どさくさ紛れに、なにしてるのか日本人のお人よしも、ほどほどにしてほしいわ!

  47. アビガンはどうしても高いので、生産が効率的にできるようになって値段が下がればよいですね。
    かといって、アビガンが常時必要になるような環境も困りますけど(^_^;)
    オルベスコはエアロゾルが細かいことが知られていますが、同様の特徴をもつキュバールはどうでしょうね。

  48. いろいろ勉強になりました。
    ありがとうございます。
    でも一つだけ、シクソレニドなのかシクレソニドなのか、字幕で混乱しました。

  49. 他の薬が有効なことを祈りますが、こと私は台湾の医師の話(台湾TV)を聞いたのですが、喘息患者用の吸入器シクレソニドなどはコロナウィルス患者が専門の医療従事者の指導のもと正しく使わないと陽性患者が吸うのはいいとして、吐いた時気体化したウィルスが舞い上がり周りの人たちにマスクをしていても感染しやすいそうです。全国放送で素人の国民に安易にこれが効くと言ったら皆なんとかして手に入れるかまたは元々喘息の持病あって古い薬持っている人が陽性かも(無症状の人もいるし、日本では陽性検査が追いついていないので見えない陽性患者)が所構わず利用したらどれだけの人が感染させられるでしょう。加えてこのウィルスは狡猾で伝染力が今までになく強いです。病院で分からず個人が使ったら院内感染はあっという間に、病院閉鎖に追い込まれないか心配です。

  50. アトピー性喘息だったのでプラスチック容器に入って回して
    思い切り吸い込むと息がスーッとしやすくなる。

  51. 朗報ですね。発祥地・中国で治験を始めているというのも 人的データが取れて有り難いです。既に規制薬なのでこの症例にも有効となれば、新薬開発よりもずっと短期間で安心が得られることに。得体の知れない 死に至る恐れが無くなるという、希望が持てますね。

  52. 症状の改善だけでも朗報ですが肝心のマスク着用と集団分散は人任せです。

  53. nが少ないなら希望者募ってnを増やせばいいじゃないか。
    n=3が少なくてもかなり明るい希望。

  54. 技術立国日本。もっと技術に投資しなければいけない。
    蓮舫! 肺炎になってもこの薬使うなよ!

  55. 中国で効果があると言われながら、日本ではその効果について公表されていないのはどうしてだろう。開発国でありながら進捗状態がないと言うのは意味が不明。やる気がないのか、国民としてじれったい話だ。

  56. あいつらのシナリオだと日本の富士フイルムとアメリカの企業(今回は富士フイルムを表にだす)が新薬を発表する予定らしい(開発費140億出資している)?何故かというと富士フイルムの筆頭株主にあいつらがなっていてまた株で儲ける手はずらしい?また一つ日本の企業があいつらの手に落ちた!

  57. アビガンは強い副作用があるようなので、若い人には投与出来ないので、余り強い期待を持たない方が良いと思います。

  58. アビガン日本企業の薬ですね❗️効果認められればいいな😆日本人として誇らしいかぎり❗️コロナウイルス抑え込もう頑張ろう。私たちはひとまず手洗いと咳エチケットですね。

  59. コロナウイルス感染拡大は「3月までに終結」と本物の科学者が断言する理由
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70375?page=4
    助成金も活用可能に
    https://youtu.be/-LrbWbeDgd8

    「一般の人々が不安に感じていることについて」常に「先回りした対応」をしている外国のひとつが台湾だと思います。
    中国へのマスク輸出禁止や厳しい渡航制限など、蔡政権が次々と打ち出す方針に当初は批判もあったそうですが、2020年2月末現在で感染者数が三十数名に抑えられていることから、批判は少なくなっているそうです。
    不安を取り除く先回りした対応出来ていないと感じるのが、都道府県が感染者が出た際に発表する内容です。「〜歳、女性(とか男性)、〜市在住」といった情報は不要で、不安を煽ります。むしろ、「国籍、移動経路、移動交通機関(実名)」を発表して適切に市民に警戒させる方が有益な情報です。

    日本においても、「マスク等の転売で一般の人々に不安を煽っている輩」に「転売の場を提供してしまっているメルカリやアマゾン等のインターネットショップ運営会社」に対しては、「国家反逆罪にあたると考え、何かしら制裁金」を課し、その制裁金を財源に「本当に困っている企業や一般の人々」への支援金とすべきと提案するのは「やり過ぎ」でしょうか?「転売の場を提供してしまっているメルカリやアマゾン等のインターネットショップ運営会社」も手数料等の収入があるのであれば潤ってしまっていますよね。(メディアの皆さんに調べて欲しいものです。マスク増産を促して転売を意味のないものにするのも手ですが、「今」マスクを不安に思っているタクシーの運転手さんやバスや電車の運転手さんに届ける潤沢に供給する必要があると考えます。)

    メディアも先手を打って、医療機関がパンクしない体制をとる様にチェックや厚生労働省への圧力をかける番組作りをしてほしいです。失敗した政府を批判したり、多数の死者が出たことを後から批判するのはメディア的には視聴率とりやすいのかもしれませんが、真のメディアの役割は、「都道府県の感染者移動経路隠蔽や勝手な備蓄防護服や備蓄マスクの海外放出等」、間違った方向に行かない様に独立姿勢で監視し導くことだと思います。またYoutubeだけで意見を書き込むのではなく、厚生労働省や都道府県に電話して直接意見を伝えましょう。直接電話すると役所のスタッフは優秀な方々ばかりで「貴重なご意見ありがとうございます。記録に残して上に伝えます。」と言います。Youtubeは日本政府の方々は見てない様な気がします。せっかく意見があるのなら、ぜひ日本政府や厚生労働省に直接電話して伝えていきましょう。

    Youtubeで多くの感染症専門家が述べていることから、「マスク着用にこだわらなくて良い」のではなく、「マスクでは感染防げないから、マスクしていてもしていなくても感染する様な場所に行かないこと」と理解しています。この点からすると、満員電車に乗っていることは最悪です。また都道府県の対応の差も有り、和歌山県は感染者の移動経路等を詳細に明らかにし感染可能性ある人々に注意喚起し、移動経路等に全く関係の無い方々へ「安心」を与えていると感じています。今、最悪な対応をしているのは千葉県で、感染者の移動経路等の詳細を明らかにしていませんね。移動経路等を詳細に明らかにし感染可能性ある人々に注意喚起するのがレッドゾーンの考え方の延長でしょうし、移動経路等を詳細に明らかにし移動経路等に全く関係の無い方々へ「安心」を与えるのがグリーンゾーンの考え方の延長に繋がるという点をわかっていない千葉県だと考えます。しかし、厚生労働副大臣がツイッターにアップした画像に批判が殺到し、自ら画像を削除するなど、厚生労働省の偉い方々が感染学専門の科学者の意見を取り入れなければ、新型コロナウイルス感染で中国同様、50歳以上の方々が中心に亡くなることになりますよね。若くて元気な方は感染しても症状が出ないため静かに感染拡大するというのは本当なのでしょうか?怖いウイルスです。

    ちなみにですが、JRの様な国に守られている公共交通機関の対応も「一般の人々が不安に感じていることについて」先手を打てていない印象を持っています。中国人観光客や韓国人観光客もJRを使います。
    JRが満員電車や新幹線の消毒をしていると聞いたことが無いので、ご存知の方がいらっしゃったら是非教えてください。「つり革で感染の恐れがあるから、掴まない方が良い」というお話は論外だと思います。「安全なつり革の状態」を維持する様にJRは車両を消毒すべきです。
    JRの社員で感染者が出た際にも発表が遅れたと指摘されており、JRは「JR東日本の社員で、通常は乗客とは接触がない。JR相模原駅の駅務室で業務にあたっていた。」
    「基本的に接客業務は担当していない。ただ、16日午後2時45分ごろから30分間ほど、臨時にJR相模線のJR原当麻駅のホームに立って安全確認業務をした。」と発表しました。
    JRや新幹線を2020年1月後半から順次、「新型コロナ対策の特別消毒」をして先手先手を打つ必要があることは、「一般の人々が不安に感じていること」を想像するだけでJRも分かっていたはずです。いまだに満員電車でお客さんを運んでいるなら、JRに問題がある様にも感じます。

    https://youtu.be/-LrbWbeDgd8

    https://youtu.be/2NfX37xXT2Q

    新型コロナウイルス感染症138例の報告ー重症になる人はどんな人か?
    この様な動画で医学雑誌掲載の報告をアップしてくれている専門家もいます。良い時代です。
    https://www.youtube.com/watch?v=31b9mYLSBdc
    ● 全国の小学校・中学校・高校・特別支援学校を臨時休校という英断を管轄するのは文部科学省でしたね。

    学校は、「授業の様子をスマホで録画して、Youtubeにパスワード付きでアップすること」も
    可能なはず。法律どうのよりも、「子供達の勉強」に必要な臨時的な対応だと考えます。
    学校の担任の先生の授業してくれる姿を見ると子供たちは安心するはずですよね。
    不安を取り除く、一番大切なことです。
    https://youtu.be/fiRDinftw_k

  60. 素晴らしい情報ニュースでした。こうした前向きな事が問題解決ににつながります。政府批判ばかりしているマスコミや胡散臭い評論家がはびこるのは良くない事です。

  61. 厚生労働書も、武漢新型コロナウイルスによって発生する間質性肺炎対策に有効な薬としてシクソレニドの他に2つの合計3種の喘息薬を提示しています。この喘息薬の投与には初期に死亡した患者の解剖で肺組織に粘度の高い液体が見られ、これによる窒息死が原因とされました。元々コロナ系ウイルスは呼吸器系で炎症を起こすもので、症状の急速な悪化の時に自然治癒力が及ばないのは事実で、その為の対処療法役として、喘息薬の適用が試みられました。結果は動画にある通りで、これにより日本に於ける武漢新型コロナウイルスの死亡者は6のまま止まっています。

  62. 一番驚いたのは、日本とアメリカに転用で来そうな薬があったという事だ!こうなると、普段から研究を重ねている企業努力を称賛したい!

  63. NO!NO!Japanの韓国🇰🇷が、新薬支援要請に日本🇯🇵が難色したから!さらに逆ギレしてますね

  64. どこぞの因縁気違いが輸入を検討とか、1000%の確率で副作用でこんなに酷い目に遭った謝罪と賠償タカリ気満々。筋が見えすぎだ全然面白くない!

  65. 発症初期    アピガン 一週間過ぎたら    レクレソ二ド+抗生物質 が良いでしよう ?期待したいです。ガンバレ    !

  66. さすが日本人のクヲリティーは驚異的だよね。実に誇らしい。それにしても、今回のコロナウィルスを開発し、蔓延させた何処の誰か知らんが浅はかだったよな。「人口減少計画」は脆くも日本人に依って覆されたという事か。。。

  67. 喫煙に重症化を抑止する効果があるかも、なんて事も言われてるようで興味深いですね

  68. 私は喘息です。名前は違いますが他のステロイド薬使って居ます。
    人混みには行かないですが,もしコロナ🦠ウイルスに罹り難いかも知れませんね。良い話を聞く事ができました。

  69. 時間稼ぎをすること。同感です。未知のウイルスですから性質が分かりません。慢性感染や保菌者になる恐れもあります。感染のピークを後ろに下げて、戦闘の準備をすることが得策です。今こそ、可能な限りの行動制限、入国制限をすべきでしょう。一方で、自転車操業の企業や商店にとっては死活問題でしょう。今年の納税は不要とか、対策が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *